アットベリーは本当に美白効果を期待してもいいのか…

アットベリー 効果

 

アットベリーは肌の黒ずみにアプローチしてくれます。

 

しかし本当にくすんでいないきれいな肌に戻ることができるのでしょうか?

 

色素沈着対策として購入を検討している方はとても気になりますよね。

 

そこでアットベリーの成分を調べ、くろずみ対策として効果的なのか調べました。

 

アットベリーは色素沈着にどうアプローチするのか

 

くろずみのタイプにはいくつか種類があります。

 

@毛穴がつまって黒ずみができる
A毛穴が広がっている
Bオイリー肌で毛穴が汚れている
C紫外線や肌がこすれるといった刺激でメラニンが蓄積し皮膚が黒ずんで見える。

 

これらの中でアットベリーで黒ずみ対策として購入を考えている方はCの色素沈着を改善させたい事だと思います。

 

このようなメラニンができてしまった肌には外側からのケアが有効になります。

 

肌への刺激を減らし、美白成分配合の化粧品を使用し、そしてしっかり保湿することが効果的です。

 

肌にメラニンができて色素沈着を起こす原因

 

・肌がこすれたり紫外線などの刺激
・肌が乾燥することでお肌のターンオーバーがちゃんとできない

 

これらを改善させることが出来れば黒ずみは解消されます。

 

そして黒ずみの原因であるメラニンンを排除させるためにすることは

 

・美白成分が配合された化粧品を使用する
・しっかり保湿をして摩擦などの刺激を軽減させる
・保湿することで乾燥を防ぎ肌のターンオーバーを調整する

 

これらのことがバランスよくできていれば黒ずみに効果的にアプローチすることができるのです。

 

アットベリー 効果

ではアットベリーはこれらの条件を満たしているのでしょうか?

 

・5つの美白成分が配合されています。
・6種類の保湿成分が配合されています。
・白色のクリーム状になっているので肌と肌の摩擦を軽減することができます。

 

アットベリー 効果

 

これらの事からアットベリーはくろずみやクスミに効果を期待できる商品ということが分かります。

 

アットベリーは無添加で肌に優しいというのが特徴です。

 

そのぶん美白効果が現れるのに早い人で1カ月〜3カ月期間が必要になります。

 

お肌のターンオーバーを正常に戻して自然な形でケアすることができるのがアットベリーなのです。

 

くろずみやクスミ、シミにはクリニックや病院で処方されるハイドロキノンがありますが肌トラブルもよく報告されています。

 

しかしハイドロキノンとアットベリーを比較検討している方がとても多いようです。

 

いったいどちらが効果的なのか気になりませんか?

 

そこでハイドロキノンとアットベリーのメリットデメリットをまとめてみました。

 

>>アットベリーとハイドロキノンの記事を見てみる

 

↓アットベリーの公式サイトはこちら↓