アットベリーはクマを解消させる効果があるのか調べたら…

アットベリー クマ

 

目の下のクマを放置していると

 

不健康そうに見えるし
不細工だし
拭けてみられるし
貧相だし
幸せそうに見えないし…。

 

そんな顔している人には誰も近寄らないし、近寄りたいとも思わないですよね。

 

このくまをアットベリーで改善させることができたならどうなるでしょうか。

 

健康的に見えるし
表情も明るくなってきれいに見えるし
心が豊かそうだし
いい人に見えるし
若く見える

 

顔でその人の印象ががらりと変わります。

 

あなたは相手からどう見られているのでしょうか?

 

そこでクマができる原因とアットベリーがどうクマにアプローチするのかを調べました。

 

くまが出来る原因

 

くまは刺激ですぐに出来てしまいます。

 

まぶたの皮膚は非常に薄く皮脂腺も少ないのが特徴です。

 

このため、乾燥しやすく、こするなどの刺激によって色素沈着を起こしやすいんですよ。

 

主なクマの原因

 

・まぶたの乾燥。
・刺激による色素沈着。
・血行不良
・たるみ、皮膚のへこみ

 

これらが主なクマの原因となっています。

 

痒みや化粧品によるかぶれ、落としきれないマスカラもまぶたへの刺激となりクマができる要因になります。

 

クマの原因になる逆のことをすればクマが改善されることが分かると思います。

 

・保湿クリームで乾燥が防げます。

 

・乾燥を防ぐことで痒みなどからまぶたをこすったりする刺激を減らすことができます。

 

・潤いを与えることで血行不良を改善させることができます。

 

・保湿することで皮膚にハリが出ます。

 

クマは色素沈着なので美白効果のある化粧品を使うことでさらに効果が期待できます。

 

アットベリーにはクマにアプローチする成分がたくさん入っています。

 

・グリチルチン酸2K
・プラセンタ
・甘草フラボノイド
・トウキエキス
・エイジツエキス

 

といった5つの美白成分が配合されています。

 

さらにお肌に潤いや透明感を出すセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など6種類がたっぷり配合されています

 

もともとアットベリーは脇・二の腕専用の黒ずみケア商品ですが、脇・二の腕以外のカラダ全身に使用することができます。

 

そんな脇や膝などの皮膚の分厚いところに使用でき、浸透力が高いのがアットベリーの特徴です。

 

まぶたのような皮膚の薄い部位ならさらに浸透は早くクマが改善されることが期待できるのです。

 

まとめ

・クマを改善させるためには美白成分を使用する
・まぶたを保湿することで乾燥・血行不良・くぼみを改善することができる
・アットベリーは高い保湿力と5つの美白成分が入っていて皮膚の分厚い部位でも浸透していくことができる

 

>>アットベリーは顔の美白効果があるのか調べた記事を見てみる。