アットベリーVSハイドロキノンどちらがいいのか?

アットベリー ハイドロキノン

 

わきや二の腕の黒ずみや色素沈着をきれいにしたいけどアットベリーにしようかハイドロキノンが入ったものにしようか迷いますよね。

 

そこでアットベリーとハイドロキノンのそれぞれの特徴をまとめました。

 

ハイドロキノンのメリットとデメリット

 

ハイドロキノンのメリット

・シミの原因でとなるメラニン色素の産生を抑えてくれます。
・メラニン色素をつくるメラノサイトを減少させてくれます。

 

この事からハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれたりしています。

 

2001年の薬事法改正により、医療機関でしか手に入らなかったハイドロキノンが今では手軽に入手することが出来るようになりました。

 

しかしハイドロキノンは取り扱いが若干難しく使用方法を間違えるとたくさんのデメリットがあります。

 

・ハイドロキノンはとても強い成分であるため炎症や発赤といった肌荒れを起こす事があります。
・ハイドロキノンが配合された商品を使用される時は、必ず事前にパッチテストを行う必要があります。
・長い期間の使用や高い濃度のハイドロキノンを使用することで白斑がでる可能性があります。
・ハイドロキノンは紫外線を浴びることでシミを濃くする性質がある成分です。(室内にいても紫外線対策は必要になります)
・ハイドロキノンは非常に酸化しやすく開封後、長期間放置すると劣化してしまい望むような効果は発揮できなくなります。
・長期間同じ部位に使用し続けると、肌が脆弱になります。

 

このようにハイドロキノンはとても扱いが難しいことが分かります。

 

2001年までは医療機関でしか手に入らなかった理由が分かりますね。

 

市販のハイドロキノンでは濃度がだいぶ薄められているので安全ですがその分効果も弱くなっていきます。

 

アットベリーのメリット・デメリット

 

アットベリーのメリット

・グリチルチン酸2Kとプラセンタ、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキスといった肌に優しい天然の美白成分が5つも配合
・保湿成分はセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など6種類がたっぷり配合されています
・着色料・シリコン・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・アルコールは入っていなく肌荒れを起こすリスクは限りなく小さく、肌の弱い方、敏感肌の方など多くの方が安心して使用できます

 

アットベリーのデメリット

・効果が出るまでに個人差があり1〜3カ月の期間を要します。

 

アットベリーは肌にとても優しく、自然な形で確実に黒ずみにアプローチしていきます。

 

医薬部外品で安心して全身に使用できるのも特徴です。

 

アットベリー ハイドロキノン

アットベリーとハイドロキノンのメリットデメリットをまとめてみましたが肌が弱い人や敏感肌の方はより安全なアットベリーがいいですね。

 

肌に負担をかけず、自然な形できれいになる方が理想だと私は思います。

 

肌をきれいにしたいのに肌荒れしたり白斑ができるなんて嫌ですよね。

 

もし白斑ができてしまえばその後の対応策はないですからどうしても慎重になってしまいます。

 

アットベリーはリスクがとても少なく黒ずみにアプローチできる良い商品だと思います。

 

 

そんなアットベリーなのですが実際に使用した方の口コミが気になりませんか?

 

アットベリーを使用した方の悪い口コミと良い口コミをまとめてみたら…。

 

>>アットベリーの口コミを見てみる