アットベリーは日焼け対策として有効なのでしょうか?

アットベリー 日焼け 

 

アットベリーで美白ケア!

 

アットベリーの美白成分と保湿成分によって肌の黒ずみやクスミにアプローチします。

 

そこで気になるのは日焼けにも有効なのかではないでしょうか?

 

一言に日焼けと言ってもアットベリーは

 

・日焼け止めとして使用できるのか?
・日焼けした後のケアができるのか?

 

気になりませんか?

 

そこで日焼け対策として有効なのか2つの観点から見ていきたいと思います。

 

アットベリーで日焼け止め対策出来るのか?

 

アットベリーは日焼け止め対策として有効か考えました。

 

一般の日焼け止めクリームには紫外線吸収剤が入っています。

 

紫外線吸収剤とは、皮膚の表面で紫外線を吸収、その後化学反応でエネルギーに変換し皮膚の外に放出します。
このため紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐ働きがあります。
紫外線対策の高SPF値の製品には必ず必要となる成分です。
しかし肌への負担は大きく肌荒れを起こす方もおられます。

 

この紫外線吸収剤はアットベリーには入っていません。

 

つまりアットベリーは日焼け止め対策として作られていないということが分かります。

 

紫外線対策としては効果を期待してはいけません。

 

では次に日焼け後のケアに使用するのは有効かどうか考えていきましょう。

 

アットベリーは日焼け後対策に有効か?

 

先ほどアットベリーは日焼け止めとしては効果を期待できないと結論に至りました。

 

では紫外線を受けて日焼けしたり、メラニン生成された後に有効なのか見ていきましょう。

 

メラニンは紫外線や皮膚のこすれといった刺激で出来ます。
生成されたメラニン色素はターンオーバーによって排出されます。
しかし刺激が強かったり蓄積されるとなかなか外に排出されません。

 

アットベリーには美白成分と潤い成分が配合されています。

 

美白成分
・グリチルチン酸2K
・プラセンタ
・フラボノイド
・トウキエキス
・エイジツエキス

 

保湿成分はセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など6種類が配合されています。

 

アットベリー 日焼け 

 

紫外線で日焼けしてメラニンが生成されたとしても美白成分がメラニンに働きかけ、うるおい成分が肌のターンオーバーを調整してくれます。

 

これらの事から日焼け後のケアとして使用するのは有効であることが分かります。

 

しかもアットベリーは無添加で低刺激なのが特徴です。

 

着色料・シリコン・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・アルコールといった肌に負担をかけるものは入っていなく、肌荒れを起こすリスクは限りなく小さいのです。

 

このため長期間の使用が可能になります。

 

肌の弱い方、敏感肌の方など、ほとんどの方が安心して使用できるんですよ。

 

まとめ

・日焼け止めとしては有効ではない。
・日焼けした後の肌ケアとしては有効である。

 

そんなアットベリーなのですが実際に使用された方がどのような評価をしているのか気になりませんか?

 

そこで評価について調べた記事があります。

 

>>アットベリーの評価を見てみる